アコーディオン・作曲

踊るように弾いていた奏者の自由さに衝撃を受け、アコーディオンを弾きはじめる。
風景を五線に起こしたオリジナルで、あたたかな場をガイドしていく。
現在ソロのほか、さわきょうこの語りとの「楽香」、渡野辺マント(上上颱風)の「モンドコンボ」、北井あけみとの人形劇「ラクマーヤ」等に参加。

そのほか、マリンバやサックス、弾き語りやダンスなどとの共演も多く、一人でも、誰かとでも、どこででも、ジャンルを超えて蛇腹で寄り添うアコーディオンの喜びを、ご縁に導かれ伝導する道の途中。
山野楽器、World Beats school of music講師。
CD「o-ka-e-ri」「水脈」に続き、2018年秋CD-BOOK「あるきうた」リリース。